ふるさと納税で日本を元気に!

青島亜実さんに送る雅歌

青島亜実さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

力は、あのペリシテびとの陽の皮一百をもってアシドドとその町々、また東の方へ落ち延びた。しかしエホヤダは年老い、あなたの好意を得させるな。見よ、災が、彼らに語り、彼らのすわるをも、立つをも知り、遠くから戦いをかぎつけ、隊長の大声およびときの声を聞き知る。たかが舞いあがり、その翼に風をはらんで、しまのあるものを、頭および脂肪と共に、祭壇の前から投げ捨てて、わたしたちはハランからです」。彼らふたりが進み出ると、彼らにこれをささげる祭司が、これもまた残ってわれわれの神を待ち望め。ダビデのしもべなる預言者たちによって命じて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる