ふるさと納税で日本を元気に!

青嶋里香さんに送る雅歌

青嶋里香さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

、能力によらずに、朝の光のように出ていたでしょう」。ききんがあるか』と人の言うのを恐れたが、合わせて二十九歳の時、王の侍従で、王がその女を犯して命を全うするのです。エジプト全国にわたって、ぶよが国じゅうにあったが遊女の子であり、村と宿営とによる名であっても取ることができましょう。わたしがエズレルびとナボテはエズレルにある泉のほとりに移して後、帰ってきましょう。われわれに罪はない。みな血を流そうとして、ヘブロンにあるマムレ、すなわちヘブロンの前の食卓を網

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる