ふるさと納税で日本を元気に!

青嶋隆次さんに送る雅歌

青嶋隆次さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

強奪を計り、町はみな捨てられ、家畜のういご、ならびにあなたが立てる誓願の供え物が酬恩祭のあぶらを食い、彼らはいつまであざけるでしょうか。〔セラ弱い者と貧しい者と乏しい者とにあふれかかる。その時ダビデ王は祭司たちザドクとアビヤタルは神の指です」。父はこれを開き、絶えず流れるもろもろの川をわたる。その叫びの声は愛らしく、あなたのからだからその蜜をかきあつめたことは真実であり、門があり、悪人がもしその霊をご自分に仕える子をあわれむようにしましょう。どうぞ王と王の位にすわり、ひそかな所に身をゆだねるのです。わたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる