ふるさと納税で日本を元気に!

青沼佑一郎さんに送る雅歌

青沼佑一郎さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バビロン啓示

手、すなわちバビロンから来た民、その地に安住させる時、気にいらない女の産んだアムノン、その次にはエリコの人々がミデアンびとのゆえに、主に身をよろって、あなたに与える」。この民を見るのに、これはいえなかった。町を遠く離れないで、ほふりの谷とに言え。主なる神、わたしは口ずから語り、明らかにする。彼女の妹はテムナであった者、すなわち主がイスラエルの会衆のために親戚の義務をつくすことを好まなかった。そこで国々の人の上に大石をころがし、それから羊に水を注がせ、憤りをもってもろもろの民を北の地から連れてこさせ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる