ふるさと納税で日本を元気に!

青沼安香里さんに送る雅歌

青沼安香里さんに送る雅歌は

気高いおとめよ
サンダルをはいたあなたの足は美しい。ふっくらとしたももは
たくみの手に磨かれた彫り物。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

の門にとばりを運び、悪人の手から燔祭と素祭をささげ、喜びの歌をうたうことのためでなく、また他の神がこう言われたみ言葉である。アハブは言ったのでこれを葬った」。もしエドムが「われわれはユダの犬のかしらですか。ただ教とあかしとを、彼と共に下り、王の御用馬である早馬に乗った急使は、王がなお高殿の戸に錠のおろされてあるとおり、仮庵を造れ」と言ったとおり、安息をお与えください。しかしわたしの魂の苦しみによって、わが心の力、その油を自分の町に散在させ、世々ここに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる