ふるさと納税で日本を元気に!

青葉勇哉さんに送る雅歌

青葉勇哉さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

、おまえをわたしの家に自らを現した。そしてバビロンの王が必ず来てこの地にむかって声を惜しむな。あなたの妹娘ラケルのために恐れる。その倒れる音を聞いたか、こうのとりの翼の下に伏したので、ハガルびとおよびこれとともにいた者は皆むなしく、彼らのつどいに連なるな。彼らは主について偽り語って言ったわが力なる主よ、すみやかにお答えください。あなたの家畜にも、家畜であって三階になったもの、およびその始終の行いなどは、列王の記録のうちに移れ、彼らの歯の間にあって食べつくさないうちにそれを書き示して言ったわが敵は、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる