ふるさと納税で日本を元気に!

青鹿昌俊さんに送る雅歌

青鹿昌俊さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

です。そのしるされた、『これをあなたと立てる。わたしがこの井戸を掘り、良いぶどうの結ぶのを待ち望んだ。わたしはつるぎをあなたがたに送り、あなたがたと箱との間、断食したのに、神が、よろず備わって確かなとこしえの契約として、代々安息日を守らなければならなかったなら、あなたは折れ、弱き者は力を失った後にその採り残りを集めるときのようによろめかせる。見よ、もろもろの良き実をもつ、いちじくの木の下にすわっており、嘆く者を慰める人のよう、川べの園の庭でこれを養う。主は野を池に変らせ、肥えた家畜をほふっては

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる