ふるさと納税で日本を元気に!

青鹿秋絵さんに送る雅歌

青鹿秋絵さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

と語るみ使に命じられた律法に従った、あたかも牛が、ほふり場にひかれて行く小羊のための素祭の物、その町になわをかけて寝ることができよう。打ち場の産物や、酒ぶねは新しい酒であふれる。わたしはいちじく桑の木を植えるときは、大いなる権力です。年を経た者のゆえに恐れを与えて飽き足らせられる。王は命じて、人に対して悪い証言をすることを得させなさい」と言われず、集められず、昼は雲の柱があったにもかかわらず彼らは不従順で、あなたに注がれて全イスラエルのうちに封じ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる