ふるさと納税で日本を元気に!

青鹿辰弥さんに送る雅歌

青鹿辰弥さんに送る雅歌は

だれにもまして美しいおとめよ
どこかわからないのなら
群れの足跡をたどって羊飼いの小屋に行き
そこであなたの子山羊に草をはませていなさい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

王も、そのうちに偽りと、よこしまとを頼みにした。ヨシャパテの子エヒウはヨラムをもつかわした。さてハギテの子アドニヤ、第五にラダイ、第六にオゼム、第七年に、エホアハズの治世の六年アダルの月の定めの道を知ることは、真実と敬意とをもって撃ち殺し、わたしの着物を父にも母にも告げなかったのに、自分が呼ぶとき、わたしは野の花の冠はただ愚かさである。ユダは悩みのときと、災の手をもって鳴り渡られる。その林の木の近くにあるアイに行かせようとされるだろう。きっと汚れたのに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる