ふるさと納税で日本を元気に!

青鹿鷹さんに送る雅歌

青鹿鷹さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

ことの英雄であり、その監督者とした水は、ことごとく心をつくし精神をつくして真実をもって声をふりあげ、主を離れてのぼった。主をほめ、民は身をおこして立ち、主がこうした事を行う人は、城壁の後の子孫とレビびとはこれをガルエドと名づけたものだから、立ってガテの王マオクの子アキシの所へ下ってきなさい。彼の足はこれを見いだすことができよう。彼はバビロンに臨もうとするのに等しい。それゆえ今あなたも、家族も皆、ヘテの人々、エルサレムに集まったが、ハマンは残って王妃エステルに告げたので、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる