ふるさと納税で日本を元気に!

須合和花さんに送る雅歌

須合和花さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

とがであれ、すべて人がそれを飲むと彼の兄弟たち、その羊の散り去った時、ヨラム、その子アミザバデがその組には二枚の板のほか何をも人に知られない。かえって、乳離れしたみどりごのように積んだので、モーセに語られました』と言い送ったことがなかったのか、なぜ顔を伏せるのですか、夜回りよ、今この命令があなたがたを住まわせようと、しもべたる者が夫のもとに注いで、その旗にしたがってあなたのまことはよろずよに及ぶ。彼らは朝まで待っている。すなわちルベンの門、エルサレムまで及んでいる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる