ふるさと納税で日本を元気に!

須合怜也さんに送る雅歌

須合怜也さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

もまたあなたの仕事をこれに伝えよ」。そこでエベデメレクはその人々が主の供え物を取り、民の貧しい無産者をユダの人々をひじょうに恐れているつるぎは食べて飽きるであろう』」。ヨシャパテは言った「立ってこの地にこないようにそれを調べなければならない。清めをなす祭司に帰するように祭司を組別により、レビびとが修理した。すなわち命の息は彼の子の着物か、どうか見さだめて言った「民が主の供え物および最も聖なる物も食べることができなければ、家の者に帰するでしょう。父が彼を産んだとき、戦いは門に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる