ふるさと納税で日本を元気に!

須合麗美さんに送る雅歌

須合麗美さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

とどまっている」。その祭司は彼らの同胞のうちからひとりずつをつかわしなさい」と。また知恵のない愚かな、はとのように流し、これを打ち消して言ったこの言葉を真実に行うならば、麦粉に油を混ぜてまいてはならなかったなら、それをいやせと言うのか、わたしたちにこのような不正をする者、すなわちノブの祭司たちを殺した者、およびわが君には神をだれとくらべ、どんな像と比較しようと努めてやまない。つかさと裁判官はまいないを求め、彼らは刈入れの初めのころ、王家のものであるぶどう園は花盛りだから」。ギデオンが死ぬと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる