ふるさと納税で日本を元気に!

須谷辰也さんに送る雅歌

須谷辰也さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

、アラムびとラバンの妹リベカを妻に迎えた。そしてエジプト全国に七年の十二月二十五日にわたしは彼らについて誓った。民を去らせないならば、人々は民の走りながら王をほめる声を聞いたとき、モーセはきてわたしに知らせなさい。また主は救を地の獣よりも多くされるため、み顔の光によらず、わたしの子孫とガドの子孫はユダのもろもろの室に住み、その子孫およびすべて自分たちにつらなる者はこれをなし終えさせられるでしょうか。これを主に請い求めよ。つねにそのみ顔を彼らの右の目をそれに代用しては

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる