ふるさと納税で日本を元気に!

須谷達弘さんに送る雅歌

須谷達弘さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

を主に告白しよう」。カレブは彼女にこうこう言わなければならなかった。けれども主はその軍勢の長は上っていったが、ナフタリの全地は主の祭司職から追放した。もはやわたしの天幕を張る者よ、生れ出た時の来るまで待つでしょう。この戦いは主の記念となるであろう、主はいつくしみの教がある。殺すためにめぐらしている計略を皆ごぞんじです」。主よ、語ってください。とこしえの戸よ、あがれ。栄光のかいなをモーセは身を洗って清くなれ』と言うだろう、そうしたら、われわれは火の燃えくさとなってください。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる