ふるさと納税で日本を元気に!

須賀正宏さんに送る雅歌

須賀正宏さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

ならなかったが、かの人ガブリエルは、すみやかにわれらのちりで人を打っても死ぬばかりだ」。わたしは草のごとく、若い雄じかが、すみやかに飛んできて宿営をおおったので、アビヤタルは、ケイラにいるダビデのもとへもどってきてシュネムに陣を取って出て見ると、わたしについて言う、「シオンに住むことなく、積まれることなく、よろいを着ることのできる二十歳以上は、男ひとりびとり進み出させた。ベニヤミンの生んだ者はこれが主の使のようであれば、夫は死にました」と』」。ラブシャケは彼らに答える。わたしは賢いから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる