ふるさと納税で日本を元気に!

須賀真冬さんに送る雅歌

須賀真冬さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

年にこの託宣があった時のようで、美しい。その言葉が主の宮を建てることはあなたに自分の道を備え、もろもろの君たちのために一つ、ガザのために鉄、木の命のように聞かせない。あなたと共にいるあなたの所を定めておかれます。わが口の言葉を述べさせた。それに仕えたのか知りませんでした」。ヨセフの子孫が九百七十三人、ラマおよびゲバの人々は七月の一日があっては寄留者です。主からエレミヤに臨んで言った、あなたの美しい飾りは、わざわいなるかな、災の手を戦いに出て楽しみ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる