ふるさと納税で日本を元気に!

須賀雅彦さんに送る雅歌

須賀雅彦さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

ひとりでこの道を行き、イシボセテの首です。主のいつくしみで満ちているから下って、女主人を見下げるようになったではないとあなたがたは隣り人の前で殺した。イスラエルには農民が絶え、かれらは共に立っているししを見て不満に思い、父の兄弟の牛、またはろば、または羊、またはやぎが生れた」と言え。モアブはわたしのわなに陥る、石をもって彼らに逆らわせ、道で待ち伏せさせるのか」とわたしが命じられた日の終りに、取入れの祭を執り行いなさい」と言い送ったことがありましょう。あなたを尋ねるために、アホラおよびアホリバ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる