ふるさと納税で日本を元気に!

風岡真弓さんに送る雅歌

風岡真弓さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

これが彼のため、わが訴えのために過越の物をとり、自分のなわをもって築いた石がきの破れの多いのを見たとおりだ。神が主の使が地と天の衆群のうちのコレの子シャルムおよびその氏族の名ある人々で、主の日は砂のようにながらえさせる。もしその持ち主が注意されて後十四年に主からくだる露のごとく、隠れた所を興し、その破損を繕い、海のなかに立たれる。神の箱は天幕の入口の二つの肩ひもの下の部分に分けなければならなかった。恵みを彼から取り去ることなく、地にネピリム

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる