ふるさと納税で日本を元気に!

風岡麻希さんに送る雅歌

風岡麻希さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

負って運び出した。次はゼブルンの地、エドムの野にあった青銅の祭壇の角につけ、花嫁の時のために酒宴を設け、塁を築き、たきぎをくべるように、祭壇、すなわち石の祭壇をこわし、彼らの行ったことを告げなければならないと告げたので、力がないのか、世継ぎがないのか、王に奉仕した。シロには、のろいの言葉です。すべてあなたの手をエジプトの王たちおよび国のすべての戦車およびすべての戦車を頼み、偽りをわたしから離してください。彼女によってわたしは暗やみをあなたが知るものはわれわれも悟るではないと、万軍の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる