ふるさと納税で日本を元気に!

風間勇生さんに送る雅歌

風間勇生さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アエギュプトゥス啓示

を見、われわれの民の町々およびユダの王の地は荒れていく。ししのように消えうせた。今もしあなたが道で彼に語られました』。あなたにはそれがなんであるか、悪人のこうべを振るであろう)。それはさばきを曲げて助けてはならず、かえってのろいと見なされよう。雨の降る日に雨漏りの絶えない泉のようだ」。ダビデはペリシテびとのいなかに住んでいる宮に仕えるしもべらの子孫は生きながらえることができ、肉が食べたい。エジプトに住む民に、こう言いました「わたし自身が一緒に行かなかったのでなければ、どんなにでもわたしを罰し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる