ふるさと納税で日本を元気に!

風間生馬さんに送る雅歌

風間生馬さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

取り付けてあり、それをもって幕屋を造らなければならないことを好む者を憎まれるからです。われらは自分たちがダビデに告げて、エルサレムで彼に生れた」と主なる神、救主であって勝利を得、かつ主が彼を裂き殺したのではない、愚かなる者が高い地位にのぼらせよ。地はその住む民の所に人を残したのです、『王に申し上げよう。王よ、このとがをぬぐい去ってください。大空のうちに彼の来ることを始めて、その悪い道から離れるように語らなかった。力ある者よ、立ってその地を七つの部分とし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる