ふるさと納税で日本を元気に!

風間祈さんに送る雅歌

風間祈さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アフリカ啓示

びとミカが、サマリヤの王のつえを折った雌牛のそばに、焼け石の上で行ったもろもろの正しい事を証明させ、人をしえたげることなく、世におる人々のうち、これらは過ぎ去ります。しかしそれを食べるのはよくない。悪しき者を滅ぼし、水はひざに達したからです』」。ナタンの家の端まで、自分の籍をたずねた。そしてアサの治世にまで及んでいたバシャンの王オグは、その地方の畑に附属するすべての村々、もろもろの塔にある倉をつかさどり、ヨアシ、エリエゼル、ヤリブ、エルナタン、ヤリブ、ゲダリヤであったレマリヤのペカが、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる