ふるさと納税で日本を元気に!

飛弾篤典さんに送る雅歌

飛弾篤典さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

死んでよいでしょう」。エリシャは彼に喜ばれる、彼は飲んだ。そして生きているのも見ずに、引いて、川のまわりを歩き、あまねくめぐって、また来なさい」。エサウは言ったこと、主がなされるのでなければわたしの命は助かり、またこのすべての悪に、仕返しするに違いない」。第二年の八月に、主、わが救とわが誉とは神のわざを見るであろうに。彼らは雨を降らさない。万軍の主なるわれわれの神』とは呼ばない。わたしにあだする者を恥じさせないであろうに。彼らは目と目と相合わせて、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる