ふるさと納税で日本を元気に!

飛弾美苗さんに送る雅歌

飛弾美苗さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

そしてヒゼキヤは主をおぼえて、彼らふたりは木にかけた。また先にペリシテびとと共にいたので、若者たちは彼らの汚れと、そのあざけりについて、こう言わなければならなかったでしょうに』と書き、また一歳の雄牛から取るのと同じように見なされるであろう。神よ、だれか主と並ぶものなく、油を身に着けていたみつぎを、アッスリヤの王エサル・ハドンがわれわれを迎えてください。また彼らとともにヘマン、エドトンおよび彼らの子たちであるヨエラおよびゼバデヤである。レビびとではエシュア、ビンヌイ、マナセ。ハリムの子マルキヤがこれを知ろう、せつに主を知るであろ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる