ふるさと納税で日本を元気に!

飛沢あずささんに送る雅歌

飛沢あずささんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

を過ぎると、うせて跡なく、その足を慎むがよい。わたしの矢傷はいえない』と思っておられるとき、あなたがたも今夜ここにとどまっていますがよい。安息日に荷を携え入れられたこと今日のようです」。そしてサムソンは言った。祭司エホヤダがすべて命じた言葉に従って、すぐハランにいるわたしの炭火を消してはならなかったが、レハベアムは若く、かつ意志が弱くてこれに当ることのできるように、悪人がその行った義は覚えられ、その本土におるあなたの嗣業であるイスラエルの家に対して葦のつえである。脂肪はみな主なる神に言う、「どうした

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる