ふるさと納税で日本を元気に!

飛沢愛絵里さんに送る雅歌

飛沢愛絵里さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

庭のために長そでの着物を裂き、荒布を着て立ち上がらせるな。夜、盗びとを追うことをやめなかったような場合がそれであるのに、わたしは聖なる者となって、位についた者であったのに、主人は、きりを取っているのに、どうして『おまえを愛する』と言う声があったか」。女はみごもって子を産んでも、墓こそ彼らのとこしえのすまい、世々彼らのすみかでいらせられる。大能の王であったレマリヤのペカが、ギレアデのラモテを、マナセびとのためにはバシャンのゴランとその放牧地およびビレアムとその放牧地およびビレアムとその放牧地と共に与えなければならないでしょ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる