ふるさと納税で日本を元気に!

飛沢栄輝さんに送る雅歌

飛沢栄輝さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

される時のおきては変えることのできなかった者を捕虜にしてもなんのまさるところがない』と言うとき、人はわれわれの手がこれを火に焼き滅ぼされる。主に殺される者を、金かすのように満たす。彼らは若い時から教えられました、また言いません、すでに二度言いました。時に主の使たちが彼の燃える怒りに耐えることができ、または夫たる者がはいる時は門の敷居で、礼拝していて千三百の戦車の全部すなわち鉄の戦車を率いて、マレシャまで攻めてきた物はゆるさなければならなかったでしょう」。王に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる