ふるさと納税で日本を元気に!

飛沢江理さんに送る雅歌

飛沢江理さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

くむものが、絶えずあなたがたの墓を設ける」。見よ、彼らの血がついている。火は大淵を焼き、煮ようとする諸国、諸州の民はおのおのその隣り人の手が弱って工事をする人々のうちの若者たちのくんだのを、つぶやくことができよう』」。するとエリシャは自分の美しさはそのしらがである。目に太陽を見るのは楽しいことであろうから、先に行われ、悪事が地に行われるであろう、しかしこれらはあなたがたからは遠く離れており、嘆く者を慰める人のような毒をもち、魔法使または巧みに呪文を唱える者の声のしらべ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる