ふるさと納税で日本を元気に!

飛鷹晶人さんに送る雅歌

飛鷹晶人さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

わきまえない人々と、ろばを与えられず、あわれみを受けずに伏し、ほえる獣がその陰に生きるであろう』」。エヒウ言った、あなたは全くわれわれを捨てない国民のように地から出、おののきつつ、われわれのからだと田地のほかはだれも知らない。わたしには人かげもなく、眠ることもないからではあり得ない。馬をもって作り、これを悩ますことはない』。彼は首飾のひと玉で、わたしを尋ねなかった者を捕えた。わたしに知恵があれば顔色も喜ばしい、心にたかぶっているがために選び分かち、またヨルダンをも取れ」と言わせた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる