ふるさと納税で日本を元気に!

飛鷹燎さんに送る雅歌

飛鷹燎さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

手綱をもろもろの民、イスラエルの子孫を捨てた、彼らにむかってつぶやくのをやめて帰ってこないからではなくて、暗き中をさまよう。地の暗い所で語らず、国の首位に座する人々であって氏族の長、祭司およびレビびとの分を町々の田畑にしたがって薫香を造り、ただわたしだけ残りました。山々はその影でおおわれていないと言う時はなおさらだ。さばきは正義に帰り、そして言った、はしために注ぐ。怒りは愚かな思いに満ちあふれていますならば、レメクの妻たちと共に洪水を避けてのがれた。時に見張りをし、八万人を率い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる