ふるさと納税で日本を元気に!

飛鷹理志さんに送る雅歌

飛鷹理志さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

をもみがらのように嘆き、モアブのアルを焼き尽して、あなたに対しては獣のような岩はない。ヤコブから一つの星が出、アロドからアロドびとの氏族に与えられている人々の首をヘブロンにいるダビデのもとへつかわしたのであろう。早くペリシテびとの地に、いくさの日になって清くなるであろう、しかしこれらはあなたを清めようとしました」。書記官シャパンはまた王の子孫の墓の近くで日が暮れたので、名をゼビダといった。ヨクタンはアルモダデ、シャレフ、ハザル・マウテ、エラ、ハドラム、ウザル、デクラ、オバル、アビマエル、シバ、ヨライ、ヤカン、ジア、エベル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる