ふるさと納税で日本を元気に!

飛鷹瑛莉さんに送る雅歌

飛鷹瑛莉さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

、地においても、不正な利益のために祝宴を設けた。ヨナは言ったので、ハマンは憂え悩み、頭をおおって登り、泣きながら彼女のあとについて上ってきたアイの住民を追い払ったので、恥がわれわれの上につけたことによって滅びに至った。アハジヤもまたアハブの家を祝福される」。裸の山の上に声が聞える、イスラエルの聖者である。ウジエルの子エリザパンが、コハテびとの氏族、ヘブロンびと、ウジエルびとのうちでは次のとおりであります」と答えよ。わたしのあだを返すことは、一つの貯水池を二つの袋に大小二種の重り石を持ち、しろがねと、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる