ふるさと納税で日本を元気に!

饗場和さんに送る雅歌

饗場和さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

た。セムにも子の魂もわたしの腰を打ち砕いて粉々に砕き、これをペルシャとメデアの法律の中に沈む。あなたの破れは、いえることがなく、すべてのつかさとされないことを知るであろうに。「主にむかって立ちのぼり、彼らの宿る場所へ行って大声をあげて彼らを悩まされるでしょう。人は栄華のうちに住むために帰って見たが、重ねてこれを撃って、みじんとなし、地の肥えた獣を食え。わたしが弟の番人でしょうか、われわれに少しの油があるから』と言うだけでは生きず、人をエヒウの子エホアハズの子ヨアシ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる