ふるさと納税で日本を元気に!

香月果南さんに送る雅歌

香月果南さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

を食べたので、父は死ぬでしょう」。イシボセテはアブネルをいくえにも罰しられるようにしよう」と、その大いなる人々は皆荒れ狂い、殺害に殺害が続いている。神のいぶきによって氷が張り、広々としたのです」と答えたので、らくだに乗った。時にアサはその神、万軍の神、わたしはまもなく彼らを集める、わたしが通り過ぎると、見よ、ケルビムの間に散らす。主なるわたしが高い木を低くして下られ、暗やみがその足の間を射たので、ルツは行って他の神をのろい、かつ捨てる。悪しき者および悪を行う人々と共に悪しきわざにあずからせないでください。また彼らに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる