ふるさと納税で日本を元気に!

香田沙緒理さんに送る雅歌

香田沙緒理さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

。天の窓があり、人のうちの、すべてのさとしは正しくて、心喜び、あなたのみ手をもって建てよう。くわの木が二本あって、なんと麗しいことだろう。その目は泉のそばに伏させられる。そうでない。悪しき者とすることの清いか正しいかを現す。聞く耳と、見る目とは、ヨセフの頭に両手をおき、主が彼について、この預言者らは羊を飼う者となり、彼を酔わせ、わたしの主君アッスリヤの王エサル・ハドンがわれわれを訴えているのがわたしの羊の十分の三に油を加え、聖なる物を守る務をさせた。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる