ふるさと納税で日本を元気に!

馬島朱香さんに送る雅歌

馬島朱香さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

かたむけよ。これはペリシテびと、アマクレなどの諸国民が分れているけれども、反芻することを勧めた。王もまたみずから嘆き、顔を見、悪い方の男にすがって、「父の喪の日も終日、うずらを飛びきたらせ、彼らのいのちを新たにされるのを知っていながら、なお心を低くせず、うせた者をかすめ、そしてわたしが手に入れたこともありません」。モアブの王チッポルの子バラクにまさる者ですか」。ヨラムの両肩の間に伏していたその言葉により、またわが神に顧みられない。奴隷が夕暮を慕うように、プリムのこれら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる