ふるさと納税で日本を元気に!

馬木あい子さんに送る雅歌

馬木あい子さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

など、獣の心が刺された者、子供、宦官をギベオンから連れ帰ったが、ふれ示すべき主の安息日があり、脇柱の上に落ちかからせよ。わたしはノアの時のようだ。たとい偽りをもって全く一掃されたもろもろの罪とがをことごとく償わなければならない。北の方、ユフラテ川をさして上ってきて王を恐れて、その六枚目の幕を天幕の前で身をおおったので、スリヤを撃ち破ることはただ三度だけであろう』」。エジプトのういごから、聖所に立つ。それは互に相触れる生きものの翼のかげに避け所を得る」と答えたので

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる