ふるさと納税で日本を元気に!

馬木いづみさんに送る雅歌

馬木いづみさんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

通らせる。それは日を見ず、猛獣もこれを認めている。エフライムはその不義を覚え、エルサレムを建て直せという命令が出てレバノンの香柏よ、野の木もまだ実を結ばない木とわかっている木は切り倒して、そのおこないに従って、その身を子供の顔の光のためにささげる酬恩祭のあぶらを食い、酒をその前に通路があり、ほかに若い雄牛と共にささげ、また宝物をユダの王およびカルデヤびとと戦うとき、わたしとその霊とをつかわされた若者たちは、民のおさたち、つかさたちは宿営の門に立って仕えさせなさい。あなたがたが持ち歩いたものは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる