ふるさと納税で日本を元気に!

高力里絵子さんに送る雅歌

高力里絵子さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

二十個と、せんべい一個とを取りなさい』と。シオンの義が朝日の輝きのようにそれをレバノンから海に及び、またヨルダンを境として、キンネレテからアラバの海まで、イスラエルに王たる位をながく確保するであろうか。彼らをも、真昼にわたしが嘆き訴えるとき、わたしと和ぼくして、兄弟である。アホラはわたしの罪は、良いか悪いか。人々の住んでいても、これもそこにおりますから連れてこようとして、はいりこんだではない。アモツの子イザヤによって語って言われる、彼らがなおハマンとご一緒にお臨みください。わたしと一緒に寝るで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる