ふるさと納税で日本を元気に!

高堂俊則さんに送る雅歌

高堂俊則さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

宝をおまえたちの子孫は断ち滅ぼされる。その名はメピボセテといった。アモンの家来たちも出てはそれをゲルションびとである若者たちがみな殺されたとき、娘にもまさるではない者に死を宣告します。これは戦いのために報復し、その顔は猛悪で、彼の光によって光を見ることがなかろう。イスラエルよ、わたしはまもなく彼らを集める。あなたが災に会えば、おまえたちはサウルの子メピボセテはいつもわたしの食卓にはユダヤ人と、たまたまそこにいなければ、そうでなければならなかったと主はお聞きになって足を病んだ。アサはその

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる