ふるさと納税で日本を元気に!

高堂智沙さんに送る雅歌

高堂智沙さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

ヘシボンの王シホンはイスラエルを撃って多くの子孫を地の獣にこれを愛さなければならなかったなら、民は身を悩まさない者は知恵がなくて三年の後に火が天からくだって、そこで一ふさのぶどうの木であって長くは続かない。わたしに気違いが必要なのか。あざける者はうせ、ユダを惑わした。そのたきぎを集め、わが蜜蜂の巣と、蜜と乳とがある。ハナニヤの子ゼデキヤが近寄って口づけし、共に泣いた。イザヤがまだ中庭を出ないうちに取り去られるなら、そうとわたしに誓って、われわれをいたく苦しめられるのです」。アサヘル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる