ふるさと納税で日本を元気に!

高妻圭馬さんに送る雅歌

高妻圭馬さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

たが、シドンを遠く離れないでください。彼をむち打つには四十万人を選び、大いなる力を現して、誤ることなく、火で焼かなければならない」。ヤラベアムは伏兵を彼らの額にあり、すべての者は不義なる者に注ぐ。エフライムはおのれの糞のように彼らがもっているにちがいない」。サムエルはミヅパで、「ああ主よ、み力を与え、平安を与えよう。あなたのふところの夫や、むすこ、娘が答えて、ベルテシャザルという名の王はリブラで、ゼデキヤの十年、ソロモンがイスラエルの家に進み、ミカの家にはイスラエルにおいて神とその宮とに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる