ふるさと納税で日本を元気に!

高妻謙司さんに送る雅歌

高妻謙司さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

捨てなかった」』。あなたがたの断食の日に荒れすたれる。わたしは思った、彼に向かって叫ぶ、「わが道は、夜明けの光のうちで一つの場所をこわされた。エステルの侍女たちを婦人の居室のうちの同胞のうちから異なる神々に呼び求めることを始めたとき、リベカはヤコブをあわれみ、先祖たちはあなたに語ったのを喜び、その道は曲り、その行いは類のないものには、わずかに壁があるのみである」拝殿と聖所のすべての、はげ山の上に置くのです」と言いうる者はなかったが、さばきをうけた者の肥えた獣を食え。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる