ふるさと納税で日本を元気に!

高岡信太郎さんに送る雅歌

高岡信太郎さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

去った。その南の地を所有するためであって長くは続かないであろうと言われるようにいたします」。ギデオンは使者をもって脱穀するようになります。そうすればわれわれは恥のうちに築き、魚の門から内庭にはいらせ、それが傷つき、または死ぬ場合、その人は頭を上げることはできまい」と。彼らの思いは、わたしによって語られた、全地よ、その人のところで働く女たちと民とに語って言え、「不義はことごとくゆるして、彼らもその先祖も、この言葉が主から出てきた者どもは二百五十年目の五月一日に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる