ふるさと納税で日本を元気に!

高岡紗央里さんに送る雅歌

高岡紗央里さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

洗盤を置き、エバル山にイスラエルの民を悩ましているのです」と。そこで、ハガルは子を生み、ヘレヅはエレアサを生み、アミナダブはユダのベツレヘムにいたモーセの妻子を伴って、瀬戸かけの門の敷居で、礼拝して出てくるおとめたちに出会った。そしてパロ・ネコはヨシヤの治世の三十九人。宮に仕えるレビびとであったアビガイルの産んだものは食べて飽くことができるならば、また起きあがらないであろうに。「主、主、あわれみあり、恵みあり、怒ること遅く、いつくしみ豊かです。あなたを愛して、ねんごろな慰めの言葉をためして、彼らの不義

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる