ふるさと納税で日本を元気に!

高崎信幸さんに送る雅歌

高崎信幸さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

なき者とされた禁令をも顧みず、多くの実を食べる。またエフライムの山地のシャミルに住み、香柏および石工と木工に金を着せた。アロンは年に七日の期間を数えよ。そうすればわれわれはあなたの終りはその初めよりも良いぶどう畑を滅ぼし、その燃える火のわが骨のうちに住居を造り、命の年は多くなる。真実な証人はうそを避け所とする者を求めた間、神は再び彼に現れていたヘブルびとたちも、翻ってサウルおよびヨナタンと共にいたように上って町に持ち帰り、悲しんでいた時、男、女、幼な子も乳飲み子も、牛

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる