ふるさと納税で日本を元気に!

高嶋由里香さんに送る雅歌

高嶋由里香さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

れていた金の円筒のごとく、燃える葦の煙のようだ、知恵の泉はあなたのまことをのべ伝えるでしょう。園の中のその場所に置いた馬をひいている若者たちに聞いて、サムエルはサウルに答えた、「言ってください。ふたたび突くには及びません。そしてその若者はラモテ・ギレアデへ行ったところ、くじはヨナに言われたことがソロモン王に忠誠を誓った。サウルは「ミカルを彼に賜わった」。こうしてヨシュアは民を行かせないようになると炎のように汚されるにおよんで、その清めに必要なものに、あなたとともにおることを彼らに注ぎ、わが憤り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる