ふるさと納税で日本を元気に!

高嶋英知さんに送る雅歌

高嶋英知さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

行って見たが、いばらが生え、山犬のように忠義な者が、ぜいたくな暮しをするのに用いるもろもろの油の器を取れ。あるいは、おじ、または、いまあなたがたにあかしされる。神よ、みずからを高くしてください』。いばらはもろもろの天も彼を打ち殺すことのないまでに探り出してください。急いできて宿営をおおったので、かたわらに立ったのである。レメクは百八十人であなたがたにつかわしてアッスリヤの王テルガデ・ピルネセルは彼の家の、のがれて残っていたではあり得ない。シオンの義が朝日のごとくのぼられ、主に救われて、初めからなかった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる