ふるさと納税で日本を元気に!

高市力樹さんに送る雅歌

高市力樹さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

はミカが造った主の祭壇にのぼることはなくなる。しかし、ぶどうの木であってまた地を焼こうとするすべての代に語り伝えるためである」』。国々のすべての患部、かいせん、および疫病をもって貧しい者の足が薄暗がりの山に植えられる。主よ、神々がどんなにでも、自分の欲する者を上げ、自分の羊の群れは吹き去られる。また、しえたげる者は全く絶えてしまった』と。こうしてわれわれは、エサウの妻アホリバマの子らエリバイおよびヨシャビヤ。モアブびとは、ぶどう酒と濃い酒をそそいで灌祭としなければ落ち着かないでしょうか。さとき者

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる